トップページ > 沿革

企業情報 COMPANY

沿革

私たち山口電機工業は、1946年(昭和21)設立、自動車産業とともに発展してきました。設立当時より、車、バイクなどのスイッチなどの部品製造を行っており、その後、1963年(昭和38)、世界初となる自動車用後退警報器(バックアラーム)を開発。この「BA1」は後退警報器という産業を世に生み出し、自動車のバック走行時における安全性を飛躍的に高め、今日に至っています。また、早くから海外輸出を行っており、世界各国で走行する数多くの日本車のアフターマーケットにも乗り出し、イグニッションパーツをはじめとした様々な製品を提供してきました。これまでの車とこれからの車を支え、明日も安全に走る車を支えて参ります。


旧池尻工場 昭和31年3月落成
昭和21年 9月
山口電機工業株式会社設立
昭和23年 4月
当社製品配電子、通産省より優良部品の認定を受ける
昭和27年 9月
当社製品ハンドル切替スイッチ単車全メーカーに採用
昭和31年 3月
現在地に本社移転
昭和35年 8月
輸出業務を開始
昭和38年 4月
自動車用後退警報機発売
昭和45年 5月
秋田工場完成、稼動開始
昭和51年 8月
通産省電気用品製造工場に登録される
昭和51年11月
日本自動車部品協会の推進品に指定を受ける
JAPA優良部品認定
昭和54年 2月
本社ビル完成
昭和55年 5月
秋田工場に無響音室完成
昭和59年10月
創業者山口松三郎、会長に就任
山口哲夫、代表取締役社長に就任
昭和60年 2月
研究所 (株)新電子設立
昭和61年 2月
秋田工場全面改修工事完成
平成 5年 6月
香港山口電器有限公司設立
平成 6年 5月
中国工場完成
平成 8年 3月
ISO9001認証取得
平成13年12月
秋田工場増床工事完成
平成15年 2月
中国工場拡大移転
平成16年12月
ISO14001認証取得
平成17年 3月
東莞山口実業有限公司設立
平成17年 5月
米国・シカゴにトリトン・シグナル・コーポレーション
(TRITON SIGNAL CORPORATION)を設立
平成17年12月
香港山口電器・中国工場に金型事業部を創部
平成20年 7月
自動車用点火コイル(ダイレクトタイプ)発売
平成23年 4月
東莞山口汽車配件有限公司設立
平成24年 1月
香港山口電器の生産事業を東莞山口実業へ移管
平成24年 1月
香港山口電器の金型事業を東莞山口汽車配件へ移管

企業情報

関連会社

お問い合わせはコチラ

製品ならびに生産・開発委託のご相談など、お気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP